高等学校なんでもQ&A

高等学校なんでもQ&A

FAQ

入学案内

オープンスクールはありますか?

受験生・保護者に向けたオープンスクールや入試説明会を行っています。
詳しくはこちらへ

個別での学校見学はできますか?

本校渉外部にご相談ください。

初年度納付金はどのくらいかかりますか?

入学手続時納付金、年間学費等の詳細につきましては入学案内の学費・奨学金のページをご確認ください。
入学案内 学費・奨学金ページへ

高校授業料無償化・就学支援金支給制度について教えてください。

本校は大阪府知事の指定する就学支援推進校になっています。実際の授業料納付額は国(4ランク)および大阪府(5ランク)の支援制度により5パターンに分かれます。 市町村民税所得割額によって判定されますので、詳しくは就学支援金等のページをご覧ください。
入学案内 学費・奨学金ページへ

奨学金は利用できますか?

大阪府育英会奨学金をはじめとする各種奨学金が利用可能です。詳しくは奨学金のページをご覧ください。
入学案内 学費・奨学金ページへ

授業について

補充授業などはありますか?

普通科特進コースIでは、7時間授業終了後、90分の特別講座を行っています。
普通科特進コースでは、7時間授業終了後、希望者を対象に90分の特別講座を行っています。
自習室を午後8時まで開放し、勉強に取り組みやすい環境をつくっています。

国際科には英語が得意、もしくは英会話ができないと入れませんか?

国際科に入学したい場合でも、初めは英語が得意でなくて構いません。
国際科に入学してから、英語が好きだと感じてくれる生徒がほとんどです。

各コースの特徴を教えてください。

普通科には、国公立および難関私立大学をめざす特進コースI、難関私立大学をめざす特進コース、学業とクラブ活動を両立させながら大学進学をめざす進学コース、スポーツを活かして大学進学をめざすスポーツコースがあります。
国際科は、2016年度よりグローバルコースになりました。授業中の学習が自宅のコンピュータで引き続き行えるクラウドコンピューティング、外国人留学生との交流などを通じ、 生徒自ら進んで学ぶアクティブ・ラーニングを実践し、国際社会でも活躍できる主体性・積極性を養い、外国語大学・外国語学部への進学をめざします。
各コース紹介ページへ

学校生活について

クラブ活動について教えてください。

本校では23の運動部と13の文化部があり、多くの生徒が加入しています。多くの運動部、とりわけ強化クラブが、全国大会出場、さらには「日本一」をめざして練習に励んでいます。
クラブ員の中には、強化クラブのレギュラーで頑張りながら、あるいは文化部の中心となりながら、学習でもトップクラスの成績をおさめている生徒もいます。また、始業前に校門での挨拶運動や学校周辺の清掃活動に取り組んでいるクラブがあります。「1に勉強、2にマナー、3にクラブ活動」を合い言葉にして、勉学とクラブ活動の両立をめざしています。

コースによってクラブ活動の制限はありますか?

普通科特進コース、普通科特進コースにおいては、7時間授業や放課後に行っている90分の特別講座の関係で入部ができないクラブもあります。勉強とクラブ活動の両立ができるように、勉強のサポートもしっかりと行っています。
各コース紹介ページへ

自転車通学はできますか?

下記の条件を満たす場合に自転車通学が可能です。

  1. 学校から半径2km以上10km以内に居住し、通学所要時間は40分を上限とします。

  2. 本校最寄り駅から学校までの自転車通学は禁止しています。

自転車通学をする場合には許可証シールが必要であり、自転車通学許可証シールは自転車後輪の泥よけ下部に貼るようにしています。

海外留学の制度はありますか?

国際科においては、希望者は規定に則りアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドへ1年間または3ヵ月間留学することができます。 1年間留学した場合でも、留学先での履修を修得単位として認め、3年間で卒業することができます。また、国際科においては、2年次にアメリカ合衆国への約10日間の修学旅行を実施し、本場の英語 に触れることができるようにしています。

校内施設はどうなっていますか?

図書館、コンピューター室、LL教室、プール、トレーニングルームなど様々な施設が完備されています。
詳しくはこちらへ

携帯電話は使用可能ですか?

学校での使用は禁止です。
所持する場合は、トラブルを防止するために、フィルタリングサービスを受けることを指導しています。

食堂はありますか?

あります。手頃な価格と美味しさでとても人気です。
食堂は建物の1階と2階に設けられ、3階には研修室と茶室があります。

アルバイトは認められていますか?

特別な理由により希望するときは、許可を得ることが必要です。